亜鉛サプリの世界へようこそ。今ならまだ間に合います!あなたの不調を解決

亜鉛を多く含む食材を教えて

亜鉛が働き盛りのパパさんから、美魔女狙いのママさん、ベビ待ちさん、子供たちなど あらゆる世代の男女を問わずに効果がある栄養素ということで最も注目されています。
 

 

 
亜鉛とは、ミネラルの一種で、からだに必要な栄養素であることは確かなのですが、同時に体には吸収しにくい栄養素であることも確かです。
ということは、一日の摂取量というようなものを見て食べていても、足りないということかもしれない、と思われるでしょう。

 

そうなんです、理由はいろいろあってとても腸が吸収しにくいんです。
吸収しにくいという理由も、腸の機能の低下による栄養素の吸収が個人差があるということも理由のひとつですが、これはどの栄養素にでも言えること。
どちらかと言うと、個人の理由という側面が強いですね。

 

 

亜鉛独自の理由というものもあって、これは亜鉛という栄養素が、同時に摂取すると吸収そのものを妨げてしまうという栄養素や成分がある ことが大きな理由のひとつです。
それが、ひとつやふたつではないので、結構亜鉛の吸収を妨げていると思われています。
その逆で、亜鉛の吸収を促すという成分も存在するのですが、これは妨げる成分と比べると数も少な目です。
これも、吸収が上手く行かない理由なのかもしれません。

 

腸を健康にし、亜鉛の吸収を妨げる栄養素や成分を同時に摂取することは避ける!これだけは気を付けたいところですね。

 

亜鉛を食べ物から摂取するには 

亜鉛の効果ってほんとのところ何?

 

亜鉛が吸収の難しい栄養素であることは分かりましたが、肝心の亜鉛の効果について詳しく説明しましょう。

 

★働き盛りのパパさんなど男性の悩みで効果のあるもの

薄毛や髪の毛に元気がないなどの髪の毛全体の悩み、男性機能全般の悩み、疲れにくいからだを作る。免疫力向上。代謝を上げてダイエット効果。肝臓のはたらきをサポート。

 

★美魔女を目指すママさんなど大人の女性の悩みで効果のあるもの

味覚障害、肌のトラブルや老化(大人ニキビ、肌つやを良くする、シミ、しわ、色素沈着など)、髪の毛をキレイにする、代謝を上げてダイエット効果、免疫力向上、妊活、女性ホルモンの分泌を正常化することで、PMSや生理痛などを改善。

 

★子供たちに効果のあるもの

成長を促す、記憶力アップで勉強をサポート、視力の改善、免疫力向上。

 

★こんな人には是非摂取してもらいたい

貧血気味、疲れ気味、ダイエットの効果を上げたい、ストレスが溜まっている、飲み会が多く肝臓が疲れ気味。

 

あらゆる悩みに効果があるのが亜鉛ということが分かります。家族全員が心当たりがある悩みや、該当しそうなものばかりがありますよね。
そうなんです、亜鉛の摂取は家族の健康なからだを作ることに重大な意味を持っていることが分かります。

 

 

 

牡蠣エキスから亜鉛を摂る方法 

牡蠣を食す

亜鉛といえば、牡蠣。
そうなんです、牡蠣は亜鉛の含有量がダントツナンバーワンの食品として有名です。
牡蠣は、濃厚でおいしい食品として人気がありますが、どこでも摂れるものでもないですし、中々育てるのが難しいと言われています。高温の海水(初夏以降)では管理も難しいようです。

 

おいしくて人気がありながらも、中々お目に掛かることができない理由はここにあるのでしょう。とても残念です。
牡蠣を食べる機会そのものがあまり無い上に、結構高級なものなので、余計に身近なものではなくなるのでしょう。

牡蠣についてですが、亜鉛の含有量は牡蠣を2〜3個食べれば一日分の亜鉛が摂取できるようになっています
ちょっと牡蠣料理食べたり、牡蠣小屋に行ったりすれば簡単に摂取できる量であることが分かりますね。
しかし、これは年数回あればいい方で、普段はあまり食べることがありませんから、牡蠣を利用して亜鉛を摂取するということは結構難しいのではないでしょうか。

 

私たちはもちろん食べたいと思っていても、それはそう簡単に叶いませんよね。
もっと身近で安く手に入れることができれば本当にいいのになと思ってしまいます。ちょっと地域限定感が強い食材でもあるのです。

 

 

 

牛肉を食す

亜鉛の含有量が多い食材で常に上位で見かけるのが、牛肉

 

こちらも高級食材というイメージがある食品となっています。
部位によって、お値段は結構違うのですが、それでも手ごろ感のある部位でも、その他の肉類と比べても結構なお値段してしまいます。

 

国産や外国産がありますが、国産に拘らなければ少しお安く購入は可能です。
そんな牛肉も、一日約300gを食べれば亜鉛の摂取量からみると一日摂取量をまかなうことはできます。

 

しかし、300gって結構な量です。肉好きな人でも多いと思う量でしょう。
それを毎日となれば、難しいということはすぐに分かります。

牛肉はほとんどの部位でこのように亜鉛が多く摂取できるので、食品としてはかなり素晴らしいと思えるのですが、量の点とお値段の点から言っても毎日は難しいのかなという印象です。
たまに食べるからこその満足感も、毎日食べていると違って来るのかもしれません。

 

 

その前に、毎日300gも食べていたら、その他のことも気になります。
カロリーの摂りすぎや、高コレステロールなどが気になります。
牛肉で亜鉛摂取をどうにかしようと思っていたのですが、やっぱり難しいかなという印象があります。でも、ある程度は牛肉頼みもいいというくらいのものでしょう。

豚肉レバーを食す

豚肉レバーも亜鉛の含有量が多い食品として有名です。

 

レバニラ炒め、レバー料理にはスタミナ抜群というイメージが強く、独特の味を消すためにさまざまな香辛料もふんだんに使われていることが多いようです。
ですから、レバーを使った料理は夏場に特に食べられる印象が強くありますね。

 

また、最近では生食そのものが禁止ということもあり、これまで生のレバーを食べるのを楽しみにしていたという人には残念なニュースもあります。
そして、亜鉛を多く含むという点からも、頻繁に家族で食べたい食品でありながらも、なかなかそうは行かない場合が多いようです。
それは、家族の誰かが豚肉レバーが嫌いだという場合が多いからです

 

食べられたとしても、無理しないと食べられないという場合や、頻繁には無理かなという人が多いものです。

特に、子供や女性には苦手という人が多いようですね。
そんな理由もあって、なかなか普段から豚肉レバーの料理を食べることはないという人が多いようです。
もしくは、食卓にのぼることは無いという人も多いとか。

 

亜鉛の含有量という点から言えば、豚肉レバー100gに亜鉛は6.9mg含まれているので、なかなか優秀な食材と言えるのです。
その他の栄養素についてもビタミンAやB12というような重要な栄養素も含まれているので、本当は食べた方がいい食品なんですよね。

亜鉛を含む食材は苦手なものばかりです

亜鉛を多く含む食品として、牡蠣、豚肉レバー、卵黄、牛肉などを聞きますが、どうもこの食品は子供ウケが悪いということで悩まれるママさんも多いようです。
 
牡蠣はあまり身近でない上に、食べ慣れていないという点からも子供たちが喜んで食べるものでないかもしれません。
豚肉レバーはさらに子供たちには苦手意識を持たせてしまう食品であることは確か。
卵黄については、好き嫌いというよりも、最近では卵アレルギーの子供さんも多いので、食べられないという場合も多いようです。

 

中には、卵をあまり食べさせたくないというママさんも多くいます。確かに、卵についてはいろいろなことが言われているのでそのような考えを持つママさんがいても仕方ありません。
また、今はアレルギーが無いといっても、多めに食べているとアレルギーが出るのでは?と心配されるママさんもいるようです。
この中で牛肉については、結構子供たちも好きな食品のようですが、こちらはママさんの方が、そうそう毎日牛肉というわけにも行かないわ・・・と言います。
確かにそうですよね、激しく同意します。

 

 

そこで何かよい方法はないのかしら?と悩まれるママさんが多いのですが、やはりここではサプリメントのちからを借りるのが一番という気がして来ます。
毎日サプリメントに頼るという方法でもいいですし、家族全員という場合は、サプリメントを補助的なものとして使うという方法もありでしょう。
毎日の食事メニューとサプリメントを併用するという方法でもいいような気がします。

 

おすすめの天然由来サプリを比較

関連サイト集

亜鉛サプリおすすめランキング・・・たくさんある亜鉛サプリの中からどれを選べばいいのか迷ってしまっている方のためのランキングです。
亜鉛を食べ物で摂る!・・・亜鉛を食べ物から摂取する方法
牡蠣エキス人気ランキング・・・亜鉛を多く含んだ牡蠣エキスサプリについて